地域コミュニティへの参加機会の増加

テレワークによって増加する自由時間を、地域のコミュニティ活動などに振り向けることも可能となり、地域におけるコミュニティ活動の活発化を促すことにもつながります。

内閣府の2010年度国民生活選考調査によると、NPO活動や市民活動に参加するしている人は21.5%、また利用している人は、10%に過ぎません。その一方で、まだ参加経験がないものの参加を希望する人は約40%もいます。

地域コミュニティへの参加機会の増加
トップページへ