女性・高齢者・障害者などの就業促進

テレワークは、育児や介護を抱えているオフィスワーカーや、高齢者・障害者などの通勤が困難な人達にとって、働きやすい環境を提供することは前述の通りです。同調査によれば、テレワーカー数が従業員数の20% になった場合、女性や高齢者の就業機会が増加し、女性テレワーカーが457 万人、シニアテレワーカー(60 〜 64 歳)が111万人になると想定されています。

女性・高齢者・障害者などの就業促進
テレワークによって増加する女性従業員
テレワークによって増加するシニアワーカー
トップページへ