労務管理の訪問コンサルティングのご案内

厚生労働省では、仕事と生活の調和の推進のため、テレワークに取り組む企業を支援することを目的として、以下の要領で労務管理のコンサルタントを3回まで無償で全国各地に派遣します。

(1)コンサルタントのスキル

コンサルタントは、企業等において、テレワークの導入に従事した経験があり、テレワークに関する人事・労務管理のあり方を十分理解した専門家です。労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法及び労働時間等設定改善法に関する基礎的な知識を有するとともに「情報通信機器を活用した在宅勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン」の内容を理解した人材です。

(2)訪問コンサルティングの内容

訪問コンサルティングは以下のような内容になります。
@ テレワーク導入時の就業規則に関すること
A テレワーク適用業務の選定に関すること
B テレワーク時の労働時間管理に関すること
C テレワーク時の人事評価に関すること
D その他テレワークにおける労務管理に関すること

(3)コンサルタントの業務

訪問コンサルティングは3回実施します。各回の訪問の目的は次の通りです。

訪問コンサルティングは3回実施します。各回の訪問の目的は次の通りです。

(4)労務管理の訪問コンサルティングのお申込み

労務管理の訪問コンサルティングのお申込みは、テレワーク相談センターで受け付けています。お気軽にご連絡ください。

問い合わせ先:テレワーク相談センター

電 話:0120-91-6479
メール:sodan@japan-telework.or.jp
住 所:東京都千代田区神田駿河台1-8-11 東京YWCA会館3階 一般社団法人日本テレワーク協会内

※テレワーク導入のためのICTのコンサルタントも無償で派遣できます。併せてお問い合わせください。

トップページへ